低用量ピルの定番マーシロンは個人輸入代行で買うのがおすすめ

三相性ピルについて

瓶から出ている黄色い錠剤

最近の低用量ピルは一相性ピルと三相性ピルが主流になっています。それぞれの違いとその特徴、メリットやデメリットなどを紹介します。どちらが良い、悪いという話ではないので自分にあった方を選ぶと良いでしょう。

他の避妊方法

青と白のカプセル

低用量ピル以外にも避妊する方法というのはたくさんあります。最もポピュラーな避妊方法といえばやはりコンドームでしょう。しかし、男性は避妊に非協力的で軽視しがちな人も多いのでこのページでは女性ができる避妊方法を紹介しています。

記事一覧

ブリスターと白の錠剤

「低用量ピルの定番マーシロンは個人輸入代行で買うのがおすすめ 」の記事一覧です。

黄色の錠剤を乗せる手

定番の低用量ピル

低用量ピルは高い避妊効果があるため、まだ子供は必要ないという女性に高い人気のある避妊方法です。
避妊効果だけでなく、月経の周期をある程度コントロールしたり月経痛などを緩和するなどの効果もあるため、性行為をしない方が飲まれていることも珍しくありません。
この低用量ピルには色々な種類がありますが、定番と呼べるオススメのものがあります。

それがマーシロンです。
マーシロンは一相性ピルと呼ばれる種類で月経の期間中に毎日飲み続けることで避妊効果を発揮します。
そして、このマーシロンには更に2つの種類があります。
内容量21錠と28錠のものがあります。
これにどういった違いがあるのかというと、21錠は月経が始まった日に飲み始め、月経を終わると飲み終えます。
そして、7日後に再び月経が始まったら飲み始める、というものです。

28錠のものは月経が始まった日に成分の含んだものを飲み始め、月経を終わったあとは薬の成分を含まない偽薬を7日間飲み続けます。
そして、この偽薬を7錠飲み終わったら再び成分の含んだものを飲むというわけです。

違いは偽薬が7日分入っているかいないかの差で販売価格も変わらないところが多いです。
これは単にどちらの方が飲みやすいか飲み忘れを防げるか?という観点で選んでしまって大丈夫です。
7日の休薬期間があると月経初日に飲み忘れてしまう、という方は偽薬入りの28錠を購入しましょう。
逆に毎日飲まないなくても忘れない、偽薬とはいえ薬を飲まない日も作っておきたい、という方は21錠を購入しましょう。

どちらのタイプも個人輸入代行サイトであれば、同じような価格で購入できると思うので自分にあったタイプのマーシロンを選ぶようにしましょう。