三相性ピルについて|低用量ピルの定番マーシロンは個人輸入代行で買うのがおすすめ

低用量ピルの定番マーシロンは個人輸入代行で買うのがおすすめ

瓶から出ている黄色い錠剤

三相性ピルについて

低用量ピルにも色々な種類がありますが、最近は一相性ピルと三相性ピルが主流になっています。
一相性ピルは先ほど紹介したマーシロンなどがあたります。
このページでは一相性ピルと三相性ピルの違いについて説明します。

まず一相性ピルと三相性ピルで大きくことなる点は飲む順番が決まっているか、決まっていないか、ということです。
一相性ピルは成分の含んでいる21錠を月経期間中に毎日飲むだけで避妊効果を発揮します。

三相性ピルは大きく分けて含まれている成分量が異なるため、月経期間中に飲みだけでなく1日目〜7日目は◯◯色、8日〜14日は◯◯色、15日〜21日◯◯色といった感じである程度飲む順番が決まっています。
ただ、シートの裏に分かりやすく飲む順番が記載されているピルも多いため、それほど飲む順番で混乱する、といったことも無いと思います。

なぜ、わざわざ飲む順番が指定されているかというと体内の女性ホルモン量のバランスをできるだけ自然な形にあわせるためです。
低用量ピルで女性ホルモンの量を急激に変えてしまうと体調不良といった副作用がでることが多いのです。
そのため、三相性ピルのようにホルモンバランスを調整すれば副作用が出にくくなるのです。

もちろん、一相性ピルだと必ず副作用が出るわけでもないですし、三相性ピルであれば必ず副作用がでないというわけでもありません。
個人差もありますので、それぞれの特徴を踏まえた上で自分にあった低用量ピルを選ぶといいでしょう。

個人輸入代行サイトであれば、どちらのタイプのピルも購入可能ですよ。